第37回 地域回りで嬉しかったこと ~22歳秘書の観察日記~

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

あまりの寒さに飯島も今日は震えていましたが、今日も嬉しい出来事がありました。

 

お昼ごろから事務所から自転車で地域を訪ねると、飯島が回っていると聞きつけた御仁と出会いました。

飯島のファンだそうで、「よくぞ来てくれました」と感動してくださりました。

 

慌てて飛び出してこられたのか、スマホも持たず薄着でしたが、地域を案内していただきました。

外出していた奥様と合流し、さらにご子息まで集まってくださり、陽も落ちた寒い時間まで1時間以上お付き合いしてもらいました。

飯島と共にアキタも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

地域を回っていると、良いことばかりではありません。

スーツ姿で防寒具もないですから冬はとても寒いですし、継続する体力も気の緩みを作らない精神力も必要になります。

今日の出会いは、本当に大きな支えとなり、勇気をいただいて前に進めるのです。

 

伝聞だけではわからない。自身の足で地域を歩き、自身の目で現状を知る。

 

7年前に姫路市に戻ってから始めた自転車での地域回りを原点とし、今も姿勢はかわらずに励む飯島でした。

Follow me!

前の記事

地域の防災イベント

次の記事

山電の妻鹿駅