第41回 早食いの話 ~22歳秘書の観察日記~

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

最近、視力の低下が著しいです。

ここ数年、変化なかったのに……

 

今日の話はまたごはんです(真面目なごはんの話です)。

 

アキタは様々な場で会食させていただいたことがありますが、仕事のできる人に共通する部分があります。

それは食べるスピードです。

 

アキタは特別遅いというわけではないと思いますが、一緒に食事をしてくださった方々はアキタより速い方が多いです。

というのも、時間を切り詰めて活動してきた方々にとって、食事の時間は栄養を取る意味以外は無駄な時間だと思っている節があるのではないかと分析しています。

 

成功したければ、時間を削れとよく言われますが、昭和から平成を駆け抜けてきた方々の執念に似たエネルギーには感服せざるを得ません。

 

それは飯島だけでなく、事務局スタッフも同じで、尊敬の念が止まないのです。

アキタも負けぬよう励んでいきます。

Follow me!