第67回 靴の話 ~22歳秘書の観察日記~

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは⁉

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

今日は気温以上に寒さを感じました。

すごく手が痛いです。

 

今日は靴の話です。

アキタは18歳の時にセットで買った安い革靴を履いてます。

(地域回りをするまでは、ほとんど活躍しなかったけども)

 

今にも穴が開きそうなぐらい消耗していますが、アキタ以上に歩いている飯島はいつもピカピカの靴を履いています。

奥様と談笑していると、地域を回るための靴が家に何足もあるとか。

 

それでも奥様が靴を磨いているんだろうなぁと思うと、アキタには計り知れない信頼関係が推察されます。

 

家族の協力あってこそ選挙に臨めるんだと、強く感じたアキタでした。

 

P.S

最近、アキタの靴が青くなっていたので、靴磨きとクリームが事務所に導入され、無事に解決しました。