第95回 赤の飯島 ~22歳秘書の観察日記~

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは⁉

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

日に焼ける男 飯島。

なぜ冬にもかかわらず、日に焼けるのか?

多くを語りませんが、最近、顔が赤いです。

 

1.燃え盛る火にあたる。

「昨日、神社でとんどがありましたけど、あのときに焼けたのかもしれませんね」

 

2.紫外線にやられる。

「昨日、すごく晴れて暑かったからですかね。クリームも塗ったんですが……」

 

3.温度のせい

「この部屋暑すぎますよ」

「せまい部屋に大きなエアコンがついていますからね」

 

4.アルコールのせい

「いや、私はアルコールに強いですから、酔わないです」

 

5.夕日のせい

「どうですか? 顔が赤いですか?」

「さあ……」

(わかるはずがない)

 

いかかでしょうか?

 

体調が悪そうでもないのに、今日も顔が赤い飯島。

結局のところ、室内にいるときだけ顔が赤いので、暑がりなのかもしれませんね。

(とくに、冬場は着込んでいますから)