第97回 廃墟 〜22歳秘書の観察日記〜

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは⁉

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

今日は極寒でした。

雨が降り、強風が吹き、体は震え、舌もうまく回らない。

飯島は平気な顔であいさつしていました。

さすが北京暮らし

 

そんな中で、今日一番の驚きは、これ

 

とあるまちの商店街跡です。

今にも崩れそうな天井。人通りのないまち。

真昼間なのに、不気味な雰囲気も漂っていました。

 

姫路の、それも栄えているまちの隣にこんな廃墟があるとは…

 

飯島が「姫路1過疎化しているまち」

と言うだけあって、空き家も多く、地域の方も頭を悩ませていました。

 

かつて、姫路で最も栄えたと言われるまちですら過疎化が進み、活気がなくなっている現状。

 

飯島なら、必ず変化を起こします!

均衡ある発展のため尽力します!