第141回 買い物バスを走らせました ~22歳秘書の観察日記~ 

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは⁉

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

 

昨晩から寒さが続きます。

風邪など引かぬように気をつけてください。

 

そんなことで北のほうへ行きました。

夢前などで一番の問題は、交通インフラ。

スーパーマーケットや病院に通うため、車が手放せません。

 

83歳のおばあさんが、「免許を持っとかな、どこにも行けへん」と嘆いていました。

団地の一番上では、11時以降のバスはありません。

 

飯島が社会福祉協議会理事長をしていたころ、月1で買い物バスのようなものを走らせました。

 

交通インフラが整っていない地域では、小さなコミュニティバスを手配し、回数を増やしていきます。

Follow me!