第159回 政策を語ります。 9 ~22歳秘書の観察日記~

姫路在住22歳の若者から見た飯島よしおとは⁉

(ほぼ)ノンフィクションでお送りする(たぶん)毎日更新で長期連載予定のカジュアルな日記である。

 

こんにちはアキタです。

政策の解説シリーズは今回で完結

最後は昨日の記事に少し関係ある、姫路城がまた大きく関係します。

 

4 姫路を世界都市にします!

4.姫路を世界都市にします!

日帰り客に偏る姫路で、滞在型観光を進め、観光を姫路の一大産業に

 

観光はお金になります。

いやらしい言い方ですね。

 

厳密にいえば、需要が上がるところに儲けが出ます。

 

観光が振興すれば、人が集まり需要が生まれます。

それが産業になり、雇用の場になり、地域活性化になります。

 

現在、姫路城に約150万人の来場者が訪れますが、宿泊するのは10%未満。

京都は25%もあるそうです。

 

姫路城はものすごく多くの観光客を磁石のように集めています。

パリのエッフェル塔のシャンペンフラッシュや姫路城のナイトツアーなど、夜のイベントを増加させ、泊まっていただく。

 

ワンモアステイ姫路を目指します。